電話API TwilioのTwiMLを使い、受信した電話をPHPで処理する

Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう」の第3回目の記事は、TwiMLを使い、受信した電話をPHPで処理します。

 

今回はTwilioの「Gather」を使い実装を行います。
Gatherは電話をかけてきたユーザーに、任意の番号を入力させることができるコマンドです。

 

手順

 

  1. 第2回目の記事で作成した「twilio_respons.xml」を開き、Gatherコードを追加します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <Response>
    <Gather timeout="10" numDigits="1" action="twilio_respons.php">
         <Say voice="woman" language="ja-jp">
          こんにちは シーピーアイスタッフブログへようこそ
         </Say>
    </Gather>
    </Response>
    

    numDigitsで、ユーザーがダイヤルを押せる、文字数を指定します。
    actionで、ダイヤルが押された後に転送するファイルを指定します。
     

  2. PHPファイルの作成・編集
    「twilio_respons.php」を作成し、テキストエディタで開き下記のコードを入力します。

    <?php
    if($_POST['Digits'] == 1):
      echo "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?>\n";
      echo '<Response>';
      echo '<Say voice="woman" language="ja-jp">';
       echo 'いちばんが入力されました';
      echo '</Say>';
      echo '</Response>';
    endif;
    

    ユーザーが入力したダイヤルは$_POST['Digits']で取得することができます。

以上で、コールされた電話をPHPで処理することができます。次回は、「TwiMLを使って、電話を転送する」方法を紹介いたいします。

 

今回どのようなWebアプリケーションを作っているのかなどの全体像は、特集記事のTOPより参照ください。


[特集] Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう

 

ソースコード

 

ソースコードは、GitHubに公開いたしました。

 
 

関連タグ:

この記事をシェアする

次へ
前へ