Internal Server Error HTTP500 解決方法

ウェブサイトを閲覧中に「Internal Server Error HTTP 500」が表示されたことはありますでしょうか。
急にこんなエラーがでてきたら、何か悪いことをしたかと、ドキドキしてしまいますよね。

今回の記事では、「Internal Server Error HTTP 500」とは何か、HTTP500の解決方法をご紹介いたします。

 

Internal Server Error HTTP 500 とは

 

Internal Server Error HTTP 500 とは、閲覧しているウェブサーバー上でエラーが起きており、ウェブサイトが正しく表示できない状態のエラーコードです。

サイトの閲覧者は何もすることができないので、しばらくたってから接続し直してください。

 

PHP エラー時の解決方法

 

PHPが原因で、HTTP500エラーが出力される場合は、PHPのエラー出力をOnに設定変更し、どこでエラーが出ているかを確認します。
(注意)この設定変更は記述を間違えると、全てのページでエラーになりますので、必ずテストサーバーで検証してください。

CPIサーバーの場合

php.iniファイルを、ウェブサーバーに設置し、下記コードを変更します。
(php.ini設置方法はCPIオンラインヘルプ「PHPの設定変更方法」を参照ください)

display_errors = Off 
↓↓↓下記に変更
display_errors = On

.htaccessに記述する場合

* CPIサーバーの場合動作いたしません。

.htaccessに下記のコードを追記します。

php_flag display_errors on

 

上記コードを追加するとPHPのエラー原因、ファイル名、行数が表示されます。
このエラーをヒントにプログラムを修正してください。

エラー解除後はPHPのエラー出力をオフに戻してください。

 

その他でエラーがある場合

 

その他でエラーがある場合は、サーバーのログを確認すると良いでしょう。
CPIサーバーの場合は「/log/ssl-error_log」か、「/log/httpd-error_log」を確認ください。

[日時] [alert] [client 60.***.***.***] /usr/home/****/html/test/.htaccess: Invalid command 'php_flag'

上記のようにエラーが確認できましたら、ログをヒントにソースコードを修正してください。
今回の場合は「.htaccess」にエラーがあるようです。

 

さいごに

 

HTTP500エラーが出力される場合は、プログラムのどこかに記述ミスがあることがほとんどです。
エラー出力や、ログ確認を行うか、最近修正したファイルを確認すると良いでしょう。

最近修正したファイルは、サーバーコンソールにログインし下記コマンド実行すると、確認することができます。

find ./ -type f -mtime -15

サーバーコンソールへのログインはCPIオンラインヘルプを参照ください。

 

関連タグ:

この記事をシェアする

次へ
前へ