【独自ドメインとは?】レンタルサーバー利用時のメリットや取得方法

インターネット上のWebサイトにはそれぞれの場所を示す住所のようなものがあります。例えばYahoo! Japanであれば、「https://www.yahoo.co.jp/」がそれにあたります。

このアドレス(URL)の中の「yahoo.co.jp」の部分を「ドメイン」といいますが、これは世界に一つしかなく、所有している人や会社が独占的に使えるようになっています。
今回は、このドメインを独自に取得することについてお話します。

1.独自ドメインとは

今では多くの人が日常的にメールを使いますが、個人の場合は自分が利用している携帯電話会社やインターネット接続サービス(プロバイダー)が無料でアドレスを提供していることが多いため、まずはそれを使うケースが多いでしょう。
例えば、KDDIと契約している場合には「●●●@au.com」というようなメールアドレスになり、ドメインは「au.com」の部分にあたります。これは、KDDI社が所有しているドメインを使ったアドレスであることを表しています。

このように提供されているドメインを使う場合、@の左側は希望するものを先着順で取得できますが、その携帯電話会社やプロバイダーを解約してしまうと、その時点で使用資格を失ってしまいます。これは、会社を辞めたらその会社のメールアドレスが利用できなくなることと同様です。

では、自社のWebサイトを持ちたいときはどうでしょうか。最近では、さまざまなブログサイトや、Jimdo、Wixなどの無料あるいは低価格で手軽にWebサイトが作れるツールがたくさんあります。

しかし多くのサービスは、無料の場合、そのサービス提供会社が所有のドメインでWebサイトが公開されます。そのため、自社独自のWebサイトができても、アドレスは「https://●●●●●.jimdo.com」のようなサービス傘下のアドレスになってしまいます。
これだとアドレスが長くなりますし、名刺に印刷する場合などにもあまり見栄えがしません。

そのようなときに重要になるのが、その企業もしくはブランド、サービス独自にドメインを所持する「独自ドメイン」です。

独自ドメインを使用すると、例えばABCという会社の場合、「abc.co.jp」のようなドメインを取得することで「https://abc.co.jp/」というアドレスになります。このアドレスを入れることでABC社のWebサイトを見ることができ、ABC社の社員の佐藤さんにメールを送る場合は「sato@abc.co.jp」というアドレスに送れば届くという形です。
この場合、会社名がそのままドメインになっているので、とても分かりやすくなります。

2.独自ドメインを取得するメリット

独自ドメインを取得すれば、「自分の名前.com」というように自由なドメインが使えるようになります。ドメインの中には末尾が「co.jp」や「or.jp」など、一部取得を会社や法人などに限定したものもありますが、それ以外は個人でも簡単に取得することが可能です。

現在、多くの企業などで行っているように、独自ドメインを取得・使用してWebサイトを開設することでアドレスを短くスッキリさせることができますし、何より自社のブランド名でWebサイトが持てると、与える印象が各段にアップします。

また、無料サービスを利用してブログサイトやWebサイトを開設した場合、そのサービス提供会社がもしサービスを終了したら、そのドメインを使用して開設したWebサイトはなくなってしまいます。
しかし独自ドメインを使用した場合は、契約していたレンタルサーバー会社がサービスを終了しても、別のレンタルサーバー会社に移行して同じドメインを設定することで、以前のアドレスのままでWebサイトを継続することが可能です。

3.独自ドメインの取得方法

最近では、定番の「.jp / .com / .net」などに加え「.asia / .tokyo / .work」など、いろいろな種類のものが取得できるようになってきていますので、希望するドメインがあったら、まずドメインを検索できるWebサイトで取得できるか検索してみましょう。

「.jp / .com」など、ドメインの最後の部分はTLD(Top Level Domain)と呼ばれ、gTLD、sTLD、ccTLDなどいくつかの種類に分かれています。「.com」はcommercialを意味するgTLD、「.jp」は日本(Japan)を意味するccTLD、「.yokohama」や「.kyoto」、「.shop」などは新gTLDと呼ばれ、2012年に新たに申請、登録されたgTLDです。
種類によって誰でも取れるもの、地域や職種などによって制限があるのもあり、気に入ったドメインを取得する際は注意してください。

取得したいドメインが決まったら、実際に登録してみましょう。
ドメインを登録するには、TLDの管理を行うレジストリと契約しているレジストラ、またはレジストラと契約しているリセラーに登録申請を行う必要があります。
登録申請はインターネット上で行いますが、ドメインを取得・登録できるWebサイトはたくさん存在します。

Webサイトによって取得できるドメインの種類が違い、キャンペーンを行っているところもあるので、時期やWebサイトによって価格に大きく差が出る場合があります。キャンペーン中だと、最初の1年分の費用が1円や10円などのかなり安いものもありますが、安いからといって途中で使えなくなるということはありません。
どのドメインを取得してもその後の扱いは全く同じですので、安心して使用してください。

一般的にドメインの取得では、登録時に登録費用を支払いますが、それだけで永久に使用できるわけではありません。その後も1年ごとに更新費用がかかり、更新費用を支払わないと自動的に失効して使えなくなるので、その予算も考えて登録を行いましょう。
ドメインは、海外のWebサイトでも取得できますが、最初は説明やサポートが日本語で提供されている国内のWebサイトで取得することをおすすめします。

独自ドメインは取得後何日以内に運用を開始しないといけない、などのルールはありませんので、更新費用を支払っている限り所有できます。そのため、取得してから実際にレンタルサーバーで使用するまで日数がかかっても構いませんし、今後の使用を見越して、あるいは他人に取得されないようにキープしておくことも可能です。

4.独自ドメインをレンタルサーバーで使用する方法

実際に、独自ドメインをレンタルサーバーに登録して使えるようにするには設定が必要です。前述のJimdoやWixなどのサービスで作ったWebページに独自ドメインを当てることもできますし、契約したレンタルサーバーに当てることもできます。

独自ドメインをDNSサーバーに登録することでサーバーに割り当てられますが、この作業を自分で行うのは少々複雑です。しかし、最近では管理画面にこの作業を行うためのツールが用意されており、指示通りに進めれば簡単に行えます。

ただ、ドメインを取得した会社とレンタルサーバーの運用会社が異なると、設定が少々難しい場合があります。そのため、初心者のうちは既に使っている、あるいは使う予定のレンタルサーバー会社のWebサイトからドメインを取得するとよいでしょう。
何か分からないことがあったときに、電話やメールですぐに聞けるサポート体制が充実している会社ならより安心です。

まとめ

オリジナルのWebサイトを運用する、自社のWebサイトでブランドのアピールや印象をアップさせたい、これから起業を考えている方などは、独自ドメインを取得することで自社ブランドを覚えてもらいやすくなります。
現在は、簡単な作業で独自ドメインの取得からサーバー設定までが行えるようになっていますので、ぜひ独自ドメイン取得を検討してみてください。
 

関連タグ:

この記事をシェアする

次へ
前へ