【専用サーバーとは?】メリットや費用相場、クラウドサービスとの違いも紹介

現在、多くの企業・団体がレンタルサーバーを利用しています。
この記事では、レンタルサーバーの中でも「専用サーバー」について取り上げます。共用サーバーやクラウドサービスとの違い、専用サーバーの特長について見ていきましょう。自社サービスにはどのタイプのレンタルサーバーが向いているのか検討してみてください。

1.専用サーバーってどんなもの?

レンタルサーバーは、大きく分けて「共用サーバー」と呼ばれるものと「専用サーバー」と呼ばれるものの2種類があります。
共用サーバーは多くのユーザーが1つのサーバーを共用・利用できるサービスで、利用できる機能や容量などに制限があり、管理者権限であるroot権限はレンタルサーバー事業者側にあり、サーバー運用もレンタルサーバー事業者が行います。

それに対し、専用サーバーは1つのサーバーを1企業・1サービスなどで占有・利用できるサービスです。そのため、利用できるストレージやメモリの容量も大きく、root権限も利用者側になるため自由度が高いです。

さらに、専用サーバーの中には「マネージド専用サーバー」と呼ばれるものが存在します。
マネージド専用サーバーは「共用サーバー」同様にroot権限はレンタルサーバー事業者側にあり、サーバー運用もレンタルサーバー事業者が行うため、サーバー運用・管理の知識がなくても専用サーバーを利用することができます。

2.専用サーバーのメリット・デメリットとは?

専用サーバーのメリットは1つのサーバーを1企業・1サービスなどで占有するため、他の利用者の影響を受けないことです。一方、共用サーバーは、複数のユーザーとサーバーを共有するため、他のユーザーのWebサイトにアクセスが集中してパフォーマンスが落ちるといった影響を受ける場合があります。より安定したサイト運用を望むなら共用サーバーより、専用サーバーの方が優れています。

また、root権限のある専用サーバーは、OSやミドルウェアなども自由に選択することができます。
会社によって独自のセキュリティポリシーを採用している場合、共用サーバーだと準拠できないため利用できないケースもありますが、専用サーバーであれば、独自のポリシーに沿ってカスタマイズでき、不要なサービスを停止することも可能です。

しかし、そのような自由度は、別の側面から見ればroot権限のある専用サーバーのデメリットにもなっています。自由度が高い分、利用者にも高い知識とスキルが必要になってきます。

3.専用サーバーの導入にかかる費用相場とは?

共用サーバーの月額利用料金が数千円、場合によっては数百円であるのに対し、専用サーバーの月額利用料金は数万円台である上に、初期費用として数万円から十数万円を必要とする場合もあります。使用するサーバーのCPUの種類やストレージとしてHDDかSSDのどちらを用いるかなど、サーバーの性能によって利用料金は大きく異なります。
また、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)や不正侵入検知(IDS/ADS)、専用ファイアウォールなどはオプションになっており、それらを利用するためには別途追加料金が発生します。

4.専用サーバーとクラウドサービスの違いはある?

専用サーバーと似たものにクラウドサービスがありますが、両者には大きな違いがあります。
クラウドサービスは、専用サーバーと異なり物理的にサーバー1台を占有しているのではなく、仮想的にリソースを利用者に割り当てているため、サーバーのハードウェアは他の利用者と共有していることになります。その利点として、短時間で必要に応じて、メモリやストレージなどのリソースの追加やネットワーク構成の変更が行えます。

クラウドサービスは柔軟にサービス拡大・縮小の調整が可能であることから、キャンペーンサイトなど短期間の利用や、ソーシャルゲームのような一時的に高い負荷のかかることが予想されるサービスに向いています。
サーバーのリソースを柔軟に変更できるため、利用料は従量課金になっている場合が多く、毎月の利用料が変動します。

5.ここに注意!専用サーバーの選び方

共用サーバーから専用サーバーに移行する際に気をつけなければならない点は、サーバー運用を利用者側で行えるか、否かです。共用サーバー同様にレンタルサーバー事業者側でサーバー運用をお願いしたい場合は、マネージド専用サーバーを選ぶ必要があります。
root権限のある専用サーバーを利用する際は、サーバーの構築や監視、セキュリティアップデートなど、サーバー運用面も計画しておきましょう。

また、専用サーバーは後からサーバーの性能やネットワーク機器などの変更が困難であるため、利用前に専用サーバーを使って何をしたいかをはっきりさせた上で、適切な事業者とプランを選ぶようにしましょう。
 

関連タグ:

この記事をシェアする

次へ
前へ