ハウジングとは?ホスティング(レンタルサーバー)との違いを徹底解説!

昨今、IT技術が広く普及し、どの企業でもサーバーを利用することが増えてきました。
一口にサーバーと言ってもさまざまな用途がありますが、企業でよく使われるのはWebサイトを運用するためのWebサーバー、メールをやりとりするためのメールサーバー、ファイルを置いておいたり共有したりするためのファイルサーバーの3種類です。その他にも生産管理システムや勤怠、経理システム用のサーバーなど用途によって専用のものを使用することもあります。

昔はデータセンターやインターネット回線の利用料が非常に高額で、回線速度もあまり速くなかったため、サーバーを自社内に設置し、管理することが一般的でした。
このように、自社でサーバーを運用することを「オンプレミス」といいますが、その場合、筐体の管理のみならず災害時の対応や電源の確保なども全て自社の責任で行わなくてはなりません。そのため、最近では自社内に置かずにハウジングやホスティングを利用するケースが圧倒的に増えています。

 

1.ハウジングってどんなもの?

データセンターが提供しているサービスは大きく分けると、ハウジングとホスティングの2つがあります。
ハウジングとは、データセンターのラック(サーバーを収容する鍵のついた棚)とサーバーに接続するネット回線や電源を借り、自社所有のサーバーをその中に設置し、運用することをいいます。
一方ホスティングとは、サーバー自体もデータセンターまたはホスティング事業者が所有しているものを借り、その中の決められた容量分を借りて運用することをいいます。

ハウジングでは、サーバーラックを1架そのまま借りるフルラック、半分借りるハーフラックなどいくつかの提供メニューがあります。その大きさによって利用できる電源の容量が決まっていますので、サーバーやルータなど収容する機器の大きさや数によって適切なラックを選んで契約します。
回線に関しても、そのデータセンターに引き込み可能なものであれば好きなものが使えますので、用途に合わせて自由に選択できるのです。

2.ホスティング(レンタルサーバー)との違いとは

一方、データセンターやホスティング事業者所有のサーバーを借りて利用するホスティングでは、自社所有のものを持ち込むのではなく、ホスティングメニューの中から適切なものを契約してレンタルします。サーバーは1台まるごと借りることもできますし、必要な容量だけを借りることもできます。

この場合、サーバー自体の所有はホスティング提供側なので、一般的にはサーバー本体やネットワーク機器の保守管理に関してもホスティング提供側で行うことになります。

3.ハウジング、ホスティングのメリット・デメリットとは

ハウジング、ホスティングともにサーバーを利用するというところは同様ですが、費用面や管理面にそれぞれメリットとデメリットがあります。そのため、自社がサーバーを使って行う業務の用途や予算をよく見極めて選択する必要があります。

3-1.ハウジングのメリット

・ラックごと借りられるので、使用するサーバーのスペックや容量などは自由に決定できます。
・ホスティングでは実現が難しいような特殊な形態のシステムや複数サーバーの連携、自社内で運用中のサーバーをそのままの構成で移設して運用するような使い方もできます。
・ネット回線も自由に引き込めるので、ホスティングでは実現できないような高速な回線を使うシステムやVPN化などもできます。

3-2.ハウジングのデメリット

・サーバーの稼働監視など一部データセンターに委託できる部分もありますが、基本的にはサーバー本体の保守管理責任は委託する会社側にあり、運用や管理に関しては自社で行う必要があります。
・初期の回線導入や受け入れ準備に時間と費用がかかります。
・ホスティングに比べて月額のコストが割高です。

3-3.ホスティングのメリット

・データセンターやホスティング事業者が提供しているサーバーを借りて運用するので、利用する容量を決めて契約をすれば比較的すぐ運用が開始できます。
・ハウジングに比べて料金が安価であり、また容量別に料金が明示されているので、必要に応じて無駄のない運用ができます。
・サーバーの所有がデータセンターやホスティング事業者側にあり、その管理に関しては運用側で責任を負うため、基本的に全て委託できます(管理のことを考慮する必要がありません)。

3-4.ホスティングのデメリット

・あらかじめ容量とプランが決まっているので、サーバー構成や回線などを自由に選ぶことができません。
・共用サーバーを使う場合、他の契約ユーザーが負荷をかけたり、大量のメールを送信したりすると処理が遅くなるなどの影響を受けることがあります。
・サーバーダウンなどのトラブルがあっても自社で解決することができず、運用側の復旧処理を待つしかありません。

4.事業者を選ぶ時のポイント

上記のように、ハウジングもホスティングもそれぞれ明確なメリットとデメリットがあります。それらを踏まえた上で、サーバーを使用する業務の種類や用途、事業規模、予算などによって最適な方を選ぶとよいでしょう。

データセンター、ホスティング事業者はたくさんありますから、各社の情報や提供されている構成、価格を比較したうえで検討しましょう。特にハウジングの場合は最初の据付作業のみならず、運用中も度々データセンターを訪れて設定や構成を変更する機会が発生することがありますので、自社からのアクセスのよい場所にあった方が便利です。

ハウジングもホスティングも長期間の利用になることが多く、ビジネス用途の場合は特に、スペックや料金のみで判断するのではなく、サポートの連絡手段やトラブル時の復旧対応等のソフトな部分も含めて検討する事をおすすめします。

また、公開されているスペックや料金のみで判断が難しい場合は経験の豊富なITコンサルティング会社や制作や開発を委託している外部企業に相談し、選定や運用のアドバイスを受けてみるのもよいでしょう。

 

ホスティング(レンタルサーバー)についての詳しい記事は下記をご覧ください。
レンタルサーバーとは?共用・専用・VPSなどのサービス種類を分かりやすく解説

関連タグ:

この記事をシェアする

次へ
前へ