書籍レビュー:一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

WordPressとは国内で最も人気が高いCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。そのWordPressを構築するためのハウツー本です。
当書の特徴としては、テーマ作成方法の解説のみにとどまらず、WebサイトをWordPressで作成するときの考え方や構成方法などが載っているのが特徴のひとつだと感じました。

コードだけにとどまらず、なぜその作業をなぜしなくてはいけないかが分かるのが、初学者にとっては良いですね。

 

書籍情報

タイトル:一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本 大型本 – 2016/4/9

著者:相原 知栄子  (著), 大曲 仁 (著), プライム・ストラテジー株式会社 (監修)

価格:2,894円

 

本の構成

  1. 準備編(セットアップ)
  2. 制作編(WordPressのカスタマイズ)
  3. 運用編

本の構成は大きく分けて、3つに分かれています。
準備に始まり、運用までをカバーしています。Webサイトは運用が始まってからがスタートですので、ぜひ最後まで読むことをお勧めいたします。

 

書籍の購入は、お近くの書店か、アマゾンよりご購入ください。

一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

 

書籍プレゼント

 

CPIのLINE@ユーザー限定で、「一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本」を1名様にプレゼントいたします。
ご登録がまだの方は当ブログ下方にあるCPI LINE@よりご登録ください。

 

関連タグ: 

この記事をシェアする

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

モチヤ株式会社 阿部正幸

KDDIウェブコミュニケーションズに入社後、CPIブランドのACE01をプロダクトマネージャーとしてローンチし、エバンジェリストとしてイベント登壇を行う。
現在は、KDDIウェブコミュニケーションズを退職し、モチヤ株式会社で、Web制作、受託開発、コンサルティングを行なっている。