WordPressから別のデータベースに接続する

WordPressをインストールしたデータベースへの接続は、「$wpdb」というあらかじめ用意された変数を利用して接続を行います。
通常WordPressを使用するにはこの変数で十分だが、WordPressと他のシステムを連携させたりするには、「$wpdb」以外にも接続用の変数を用意する必要があります。

今回の記事はWordPressからWordPressをインストールした以外のデータベースへの接続用変数の作成方法を紹介します。

 

方法

 

下記のコードにより、データベースへの接続変数を作成できます。

$another_wpdb = new wpdb(DB_USER, DB_PASSWORD, DB_NAME, DB_HOST);

 

現在のデータベース情報を取得し、実用的にコードを書き直すと、以下のようなコードになると思います。

global $wpdb;
$db_user = $wpdb->dbuser; //データベース接続ユーザーの取得
$db_passwd = $wpdb->dbpassword; //データベース接続用パスワードの取得
$db_host = $wpdb->dbhost; //データベースホストの取得
$another_wpdb = new wpdb($db_user, $db_passwd, Another_DB_NAME, $db_host);

 

参考サイト:http://wordpress.org/support/topic/pros-and-cons-of-adding-tables-to-the...

 

以降は、$wpdbと同様にデータベースへ接続することが可能となります。

 

関連記事

 

WordPress 初めてのプラグイン作成〜Hello Worldプラグインと多言語対応する方法
Poeditを使ったWordPressの翻訳ファイル.po、.moファイル作成方法
 

 

 

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。