IoT、AI化が進むことによりWebデザインはどう変わるのか

Webを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。
2017年はスマートスピーカーの発売や、AIを搭載したプロダクトのローチンチなど、この業界を賑わせました。

このAI化と、IoTデバイス(スマートスピーカー)の普及は2018年、2019年年と、さらに進んで行くと予想できます。
そこで私は一つの疑問を感じました。

それは、AI化、IoTデバイスが普及していくことでWebデザインがどう変わっていくか、これから何を意識して仕事をしていったら良いかです。
考えていても仕方がないので、この業界で著名な長谷川恭久氏をお招きして、聞いてみました。

 

Part1 動画の趣旨

長谷川恭久氏、自己紹介(サイト:could
2017年の振り返り
- 第四次産業革命の期待
- 2017年のインターネットトラフィックについて
 

 

Part2 Webデザインについて

IoTとAI化が進むことにより変化するWebデザインについて
IoTデバイスは一般世帯に普及するのか?

 

Part3 AI搭載のプロダクト紹介

AIとは
BRAND MARK
Firedrop

 

Part4 まとめ

 

 

さいごに

 

長谷川恭久氏は、今後日本でも2〜3年後にIoTデバイスは普及していくのではないかと予想しており、それに向けた準備がこれからのWeb制作に必要だと語っています。

個人的にもこの意見は大変納得がいく事項で、今後もCPIスタッフブログではIoTや、AIをウオッチしていきます。

 

 

 

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。