無料のGoogle翻訳でWebサイトを多言語対応する方法

Webサイトは様々な方法で多言語対応することができますが、今回は「Google Website Translator Gadget」を使い自動でWebサイトを多言語化する方法をご紹介します。

試しに当ブログのグローバルナビゲーションに設置してみました。

Google Website Translator Gadgetの特徴

無料で利用できる
簡単に導入できる
英語、フランス語、イタリア語、ロシア語、中国語など多くの言語に対応

Google Website Translator Gadgetの欠点

機械翻訳なので翻訳の精度は低い。翻訳の精度にこだわる場合はCMSなどを多言語対応し文章を一つ一つ翻訳する必要があります。
画像に埋め込んだ文字は翻訳されない

 

導入方法

  1. Google Website Translator Gadgetにアクセスし「今すぐWebサイトに追加」をクリックします。

    Google Website Translator Gadget
     

  2. 必要情報を入力し「次へ」をクリックします。


     

  3. 「プラグインの設定」画面で必要情報を入力し「コードを取得」をクリックします。
  4. 生成されたコードを翻訳したいページに貼り付けてください。

 

以上で設定完了です。え?これだけ?と思った方も多いかと思います。
簡単にWebサイトを多言語化することができました。

 

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。