CMS選定に困ったWeb担当者様。失敗しないCMSの選び方

2010年ころでしょうか、企業がこぞってCMSを導入していた時期に、私はWeb制作会社に勤務しており、多くの企業にCMSを導入していました。
本日はそのときに培った経験から、CMSの選び方や、制作していたときに「お、この仕様はイケテルな」と感じた点などを記事にさせていただきました。

Web担当者やサイトオーナーが失敗しないためのCMS選定の一助となれば幸いです。

 

CMS選定の大前提

 

皆様の、CMS選定基準は何でしょうか。
人気のWordPressにしようか、代理店が居るからMovable Typeにしょうか、欧米で多く使われているDrupalにしようか、あのCMSはこんな機能がついているから、このCMSにしようかなど、何にするか迷いますよね。

 

しかしこの考え方が少し違っているのかと思います。
CMSを選定する際に、まず行ってほしいのが、何のためにCMSを導入するかの目的を考えてください。大体のCMSはPHPや、Perlと言うプログラミング言語で作られています。

やろうと思えばモジュールやプラグインを開発して何でも実現することができます。

しかし選定した「CMS A」では、実現したい目的のために多くの工数がかかるかもしれませんし、「CMS B」では基本機能だけで目的を実現できるかもしれません。
CMSを導入することで、何を実現したいか決まってもいないのに、WordPressにしようや、Drupalにしようというのは少し危険です。

 

そして、ほとんどの制作会社は制作会社が得意なCMSを、できれば使おうとします。
例えばWordPressが得意な制作会社3社に見積もりを取ったとしても、似たような金額や、似たようなCMSの仕様があがってくることでしょう。

これでは、その要件を実現するために、本当に必要な金額か、CMSの要件かどうかは分かりません。

ですのでCMS選定はまず何をしたいのかの目的を明確化し、その後に、例えばWordPressが得意なA社、Drupalが得意なB社、a-blog CMSが得意なC社など、3社くらいで見積もりを取ることをオススメします。

 

[選定の順序]

  1. CMS導入して何をしたいのか目的を考える
  2. Web制作会社に見積もりをだす。
    3社で、3種類くらいのCMSになるように見積もりの依頼をだす。(例:A社にWordPress、B社にMT、C社にDrupalなど)

 

 

目的と要件の洗い出し

 

では実際に、CMS導入するための目的と要件の洗い出し方を考えてみたいと思います。

 

CMSとは、自社サイトのコンテンツを管理するシステムです。
コーポレートサイトや、ブログや、プロダクトページを管理するためのシステムです。

現状のサイトで、困っていること、もしくはこれからWebでやりたい要件を出していきます。
まずは現状の問題点を定義するのが良いかとおもいます。

<問題点(例)>

  • 1つ記事を書くと関連して、更新するページが多くて工数が無駄
    (新着記事一覧、RSS、カテゴリページ、etc...)
     
  • 以前CMSを導入したが、難しくて更新できない
     ↓ Why ?
    Wordを入力するような感覚でページを更新できると言われたが、全くできない。
     
  • サイト回遊率が低い
     
  • 記事を更新しても、お客にリーチできない
     
  • 過去にライターが投稿した記事が炎上したことがあった。もう、あの辛い過去を消し去りたい。
     
  • 商品ページがあるが、1000点以上の商品があり、ユーザーが商品を見つけにくい
     
  • スマートフォンからのアクセスが増えたが、スマートフォン対応できていない
     
  • 一人でサイトを更新していたが更新頻度が低いので、複数人で更新したい
     

現状の問題点に加え、欲しい機能等があればリストアップします。

  • メルマガを発行したい
     
  • CRMと連動して、ユーザーに情報を提供したい

 

上記でリストアップした内容がCMSを導入する際の要件となります。こちらをWeb制作会社に要件として提出します。

すると制作会社は問題に対して、改善するための、具体的な方法を提案してくるでしょう。
下記が例です。

問題1(Web担当):
「過去にライターが投稿した記事が炎上したことがあった。もう、あの辛い過去を消し去りたい。」

解決案(制作会社):
CMSを導入することで、過去の事実を消し去ることはできません。

しかし今後このようなことが起こらないよう、記事の認証フローを導入します。

(問題点が、機能要件に変わりました)

  1. ライターが記事を書く(原稿で、承認待ち)
  2. Webマスターにメールで通知
  3. Webマスターが承認(Web記事になる)

 

問題2(Web担当):
Wordを入力するような感覚でページを更新できると言われたが、全くできない。

解決案(制作会社):
WYSIWYGエディタでの更新をやめて、カスタムフィールドで対応しましょう。

 

例で問題点を2つ出しました。この機能要件を実現するために、初めてどのCMSが良いかが分かってくるはずです。

  • CMS A
    CMS:無料
    プラグイン開発:200万円
     
  • CMS B
    CMS:100万円
    プラグイン開発:なし

例えばですが、100万する高額のCMSですが、追加のプラグイン開発が無いので、実際にはCMS Aより安くすむこともあります。

3社から、CMSの要件が提出されますので、提案された機能要件をよく確認し、実際に自分たちがそのCMSを使って更新できるかをイメージすると良いでしょう。

このようなフローを取ることで、CMS選定が失敗することを少しでも軽減できるのではないでしょうか。

 

ちなみにですが、CMSのデザイン部分は、どのCMSも似たような感じに表現することができます。
デザインに関しては、CMS独自に持っているテンプレートを使う場合は、大幅に工数を削減できますが、企業がオリジナルのデザインを適用する場合は、気にしなくても大丈夫です。

 

 

私がこの要件イケテルな思った機能

 

ここからは、以前私がCMSを導入していたときに、この機能イケテルなと思っていたことを紹介いたします。問題点や、機能要件を洗い出す作業の参考にしていただければと思います。

 

  • 承認フローについて

    ライターが記事を書いて保存すると、スタッフAに通知が入ります。スタッフAは記事を確認し、ライターに戻すか承認を行います。承認を行うとWebマスターに通知が入り、承認すると、記事が公開される仕組みです。

    通知はCMSのみで通知されるのではなく、メールでの通知も合わせて行うと、確認もれが無くなるので、さらに良いかと思います。

    この承認ワークフローは様々なところで活用されています。

    例えば、百貨店のサイトをイメージしてください。百貨店は様々なブランドが集まって一つの店舗となります。
    一つ一つのブランドが記事を書いて、その記事を百貨店のWeb管理者が記事を承認するフローをとることで、安全に更新頻度の高いサイトを実現することができます。
    百貨店以外にも、商店街、動物園、遊園地、商業施設など、複数人の担当者がいるようなサイトでは活用できそうです。

     

  • コンテンツ管理について

    Webサイトのコンテンツは、その会社の財産です。良質なコンテンツがこれからのWebサイトには欠かせないことでしょう。
    しかし一度良質なコンテンツを書いたとしても、1年後、2年後も変わらず良質なコンテンツというわけではありません。

    必ず、どんな記事が公開されているか、リライトは必要ないか、リンクは切れていないかなど、定期的に確認する必要があります。
    定期的に記事を確認するのに、手動で確認するのは骨が折れます。

    そこでCMSで、例えば1年間確認されていない記事の一覧が出力できるようになっていると、確認漏れを防ぐことができます。
    (半年や、3年間など記事の種類によって確認したほうが良いタイミングが異なります)
    過去記事画像

    上記例では、3年間確認されていない記事がリストアップされるよう組み込まれています。
    この3年間確認されていない、記事を一旦開き、確認後「確認」のタイムスタンプを押すことで、また3年後に記事がリストアップされるような仕様です。

    CMSはデザインとコンテンツが分離されていますので、コンテンツをしっかりと管理しておくことで、次のサイトリニューアルのときにコンテンツはそのままで、見た目だけを変えることもできます。

     

  • ページ作成について

    Microsoft Wordのような感覚で記事を入力することができますと、制作会社に言われ「リッチテキストエディター(WYSIWYG editor)」を導入したことはありませんでしょうか。(下記のような入力画面)

    実際にこちらの入力画面を操作した方は分かるかと思いますが、HTMLの知識などが無く、こちらの画面を使ってページを更新するのは至難の業です。

    HTMLの知識が無い方がリッチテキストエディターを使うと下記のデメリットがあります。

    <リッチテキストエディターのデメリット>
    ● 構造化マークアップが保ちにくい
    ● 各ページの見た目を統一しにくい
    ● リッチテキストエディターの癖を覚えないといけない

    ですので、実施にサイトオーナーや、Web担当者がリッチテキストエディターを使ってWebサイトを更新するのは、オススメできません。
    では、こちらの問題を解決すにはどうしたら良いか、それはカスタムフィールドを使いページを更新することです。

    カスタムフィールドについて、具体的にAOITのページを使い説明させていただきます。
    ※ AOITは、実際に私が制作した案件ではありません。例として紹介しており、裏でカスタムフィールドを使い更新しているかどうかについても分かりません。

    こちらの赤枠で囲まれたコンテンツをCMSで更新すると仮定します。

    リッチテキストエディターを使う場合、下記のように編集を行います。
    画面上方に配置されているボタンを使い、文字の装飾をしたり、画像を挿入したりします。操作するユーザーによって、文字の大きさや、見出しのタグなどの統一が難しくなってしまいます。

    カスタムフィールドを使うことにより、下記のように編集することができます。
    各項目ごとに、フィールドが分かれているので、各ページの見た目の統一や、意図しないデザイン崩れなどを防ぐことができます。

     

  • 画像のリサイズについて

    昨今Webサイトを閲覧する端末の種類(スマートフォン、タブレットなど)が急増しています。パソコン以外の端末からWebサイトにアクセスすることは今後も増え続けることでしょう。その多種多様なデバイスに合わせて、ページレイアウトを変えるデザインが昨今人気のスタイルです。

    画像に関しても、アクセスしている端末に合わせて、ファイルサイズを変更するのが良いでしょう。
    しかし、記事を更新する際に、毎回、パソコン用の画像、スマートフォン用の画像、タブレット用の画像、一覧用の画像など、複数を用意するのは面倒です。

    これをCMSで、画像アップロード時に、複数のサイズが違う画像を用意することで、解決することができます。
    このような画像生成などのルーチンワークはCMSに作業させるのがベストです。

     

  • 今後のCMSについて

    今後のCMSや、Webサイトは、どのようになっていくのでしょうか。一つはユーザーのためのサイトになっていくと考えられます。

    (例1)ユーザーに合わせたコンテンツ設計

    アクセスしてきているユーザーに合わせてコンテンツを分かりやすい場所に配置したり、検索結果が返ってくるなどの工夫をすることで、ユーザーにとって使いやすいページになります。

    例えば、CPIスタッフブログは、Web制作者向けの記事、Web担当者向けの記事、CPIユーザー向けの記事と、大きく分けて3つあります。
    これを、Web担当者がアクセスしてきた場合、プログラミング情報は優先度を低くくし、当記事などの優先度を高くすることでサイトの回遊率も上がり、見やすいページになります。

    (例2)ロケーションに合わせたコンテンツ設計

    ECサイトにアクセスしてきたユーザーが居る場所の天気を調べ、雨だったらTOPに雨傘を出す、晴れだったら日傘を出すなどの工夫も考えられます。
    また会社までの道順を調べるために、会社の地図を開くと、現在地から、その会社までの道順が載っていると便利ですよね。

    このようにロケーションと合わせることでも、ユーザーにとって使いやすい、見やすいWebサイトを構築することができます。

    (例3)CRMと連動したコンテンツ設計

    CRM情報と連動し、ユーザーに合わせたコンテンツ設計を行うことも考えられます。
    よくアクセスする商品や、コンテンツの優先度を上げて、ページに配置することで使い勝手の良いサイトとなります。

    よくアクセスするコンテンツや商品をWebサイトが学習する時代はすぐそこまで来ています。

 

 

まとめ

 

CMSを選定する上で、Web担当者は何をしたいのか「目的」をはっきりとすることが一番重要です。
その目的」を、3社でCMSが3種類くらいになるように制作会社に要件を投げます。(例:WordPressが得意なA社、MTが得意なB社、Drupalが得意なC社など)

制作会社からの提案書をしっかりと確認し、制作会社が提案したCMSで、「実際に自分たちが更新できるかをイメージ」してください。

この作業を行うことで、CMSを導入の失敗の確率を軽減できるのではないでしょうか。

また上記で、CMSの目的の出し方や、私が個人的に良いなと思う機能をあげました。選定する際の一助にしていただけたら幸いです。

 

 

ここからは宣伝です

 

CMSを搭載するサーバーが決まっていない方は、ぜひCPIのサーバーもご検討ください。
CPIのACE01は、バックアップ標準装備、テスト環境標準装備、高スペックで、「3,800円(税抜き) 〜 / 月」です。

ビジネス利用に選ばれています。詳しくは下記リンクより参照ください。

 

 

 

<この記事をシェアしていただけると嬉しいです>

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。