Twilio電話Webアプリケーション構築のまとめコード

Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう」の第11回目の記事は、これまで10回に分けて紹介してきましたコードをまとました。
まとめたコードは長くなったため、GitHubにアップロードし、ダウンロードできるようにいたしました。

GitHubに公開したコードは、これまで紹介させていただいた重複コードなどをClass化し、「lib/conf.php」に格納しました。
Twilioで発行されるSID、TOKENも、こちらより設定ください。

conf.php内に記述されている、コードはすべて、Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう」のいずれかの回で紹介させていただいたコードになります。

一部コードを抜粋しますと、My_Twilio_RESTのクラスを作成し、Twilioで使用するコードをまとめています。そのクラスを、呼び出し使うことでリファクタリングしやすいコードにいたしました。

class My_Twilio_REST extends My_Twilio_Settings
{
// Connect to Twilio REST API
public function twilio_conect_api(){
  $client = new Services_Twilio($this->Twilio_Sid, $this->Twilio_Token);
  return $client;
}

 

// Load MyTwilio Class
$My_Twilio = new My_Twilio_REST();

// Conect to REST API
$client = $My_Twilio->twilio_conect_api();

 

 

これを持ちまして、Twilioの特集記事を終わりとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。また次の特集を計画しておりますので、そのとき興味がありましたら読んでいただけると幸いです。

 

 

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。