TwilioのREST APIで、様々なログを取得する

「Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう」の第6回目の記事は、REST APIを使いログを取得します、

REST APIを使うことで、TwiMLで取得できない、さまざまなログを取得することができます。
今回は、転送先の電話番号を取得します。まずユーザーがTwilioにコールした(①から②への通話)通話が、親SIDとなり、Twilioから④のユーザーへは、その親SIDから派生したSIDが新たに発行されます。通話終了時に取得できるのは親SIDのみが取得できますので、そこから子のSIDを検索し、転送先電話番号を取得する必要があります。(少しややこしいですので、分からない方は動画を参照ください)

 

 

方法

 

まずREST APIが使用できるように準備を行います。
 

  1. 下記のページより、PHPの「Twilio REST Apiライブラリ」をダウンロードします。
    https://jp.twilio.com/docs/libraries
  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍し、適当な名前にリネームします。
  3. Webサーバーにアップロードします。今回は第1回目よりテストで使用している「my_twilio」フォルダーにアップロードします。
  4. twilio_rest.phpを作成し、REST API経由でログが取得できるかテストしてみましょう。
     

    <?php
    
    // Get the PHP helper library from twilio.com/docs/php/install
    require_once('./twilio-php/Services/Twilio.php'); // Loads the library
    
    // Your Account Sid and Auth Token from twilio.com/user/account
    $sid = "Your SID"; 
    $token = "Your Token";
    $client = new Services_Twilio($sid, $token);
    
    // Get an object from its sid. If you do not have a sid,
    // check out the list resource examples on this page
    $call = $client->account->calls->get("Call SID");
    print_r($call);
    
  5. twilio_rest.phpをWebサーバーにアップロードします。アップロードしたファイルにブラウザよりアクセスしてください。
    様々なログデータが出力されたと思います。

 

以上でREST APIの準備が出来ました。
次回は、REST APIを使い、発信先の電話番号を取得します。

 

ソースコード

 

ソースコードは、GitHubに公開いたしました。

 
 
関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。