TwilioのTwiMLを使って、電話をかける

Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう」の第4回目の記事は、TwiMLを使って電話をかけます。
これまで電話を受信して、応答メッセージを流すなどを行いましたが、4回目にして本題の電話をかけることを行います。

 

今回はTwilioの「Dial」を使い実装を行います。
 

 

手順

 

  1. 第3回目で作成した、「twilio_respons.php」を開き下記を例にDialを追加してください。
     // 電話をかける番号
    $tocallno = '+8190-3333-3333';
    
    // ユーザーがダイヤルの1を押したら
    if($_POST['Digits'] == 1):
      echo "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?>\n";
      echo '<Response>';
      echo '<Say voice="woman" language="ja-jp">'
      echo '電話を転送します</Say>';
      echo '<Dial timeout="20" callerId="+815031353932">'.$tocallno.'</Dial>';
      echo '</Response>';
    else:
      echo "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?>\n";
      echo '<Response>';
      echo '<Say voice="woman" language="ja-jp">';
      echo 'さようなら';
      echo '</Say>';
      echo '</Response>';
    endif;

    <Dial>発信番号</Dial>で、電話をかけることができます。
    timeout属性は、コールする秒数を指定します。今回の場合は20秒待って出なかった場合はコールを中断します。
    calleridは、Twilioで購入した電話番号となります。

 

以上で、指定した電話番号に電話をかけることができます。
次回は通話したときの通話時間や、通話時に発行されるidをログとして保存する方法を紹介いたします。

 

特集でどのようなWebアプリケーションを作っているのかなどの全体像は、特集記事のTOPより参照ください。


[特集] Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう

 

 

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。