TwilioのTwiMLを使って通話を受信し、応答メッセージを返答する

Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう」の第2回目の記事は、ユーザーからコールされた電話を受信し、応答メッセージを返答します。

今回はTwilioの「TwiML」を使います。

TwiMLとは、電話やSMSを受信したときに、電話を転送するのか、応答メッセージを返すかなどの動作をXMLベースで指定するためのマークアップ言語です。

 

手順

 

  1. 「電話番号」メニューをクリックし、取得した電話番号をクリックします。

     
  2. Twilioで発行された電話番号にコールしたときに、読み込むファイルを指定します。

    発番された電話番号をクリックすると、この電話番号がコールされたときに、読み込むファイルを指定することができます。
    Request URL欄に、アクセス可能な .xmlファイルを指定し、「保存」をクリックします。
     
  3. 電話がTwilioにつながったら、応答メッセージを返答します。

    応答メッセージはTwiMLの「say」を使って、テキストを読み上げます。
    他にもTwiMLを使って、あらかじめ録音しておいた音声を流す、SMSを送信するなど様々なことができます。

  4. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <Response>
    <Say voice="woman" language="ja-jp">
      こんちには、CPIスタッフブログです。通話を終了します。
    </Say>
    </Response>

 

以上で、Twilioで購入した電話番号にコールすると、指定した音声が応答メッセージで読み上げあれます。
次回は、「TwiMLを使い、受信した電話をPHPで処理する」方法を紹介いたします。

 


[特集] Twilioを使って電話Webアプリケーションを構築しよう

 

ソースコード

 

ソースコードは、GitHubに公開いたしました。

 

 

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。