Drupal8開発環境を整える(インストール方法、デバッグ方法)

この記事はDrupal8から様々変更になった開発環境を整えるための記事です。インストール方法、デバッグ方法、テンプレート編集用のシンタックス追加などを紹介しています。

 

Drupal8開発環境を整える

 

  1. Drupal8 をローカル環境に構築する(Acquia Dev Desktop 2)
  2. Drupal8 インストール方法(ローカル環境とCPIサーバー)
  3. Drupal8ローカル環境にgulpオートリロードを組み合わせる方法
  4. Sublime TextにDrupal8テンプレート開発用のTwigシンタックスを追加
  5. Drupal8のデバッグ方法、デバッグモードをOn(オン)にする

 

以上でDrupalの開発環境が整いました。次回はDrupal8のモジュール作成方法を紹介いたします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。