CPIメールサーバー + Google Apps for Businessを利用するメリット

弊社が提供しているShared Plan ACE01Google Appsと連携をとることができます。
Google Apps for BusinessとはGoolgeが提供しているメールサービスやカレンダー機能を皆さんがご利用しているドメインで利用することができます。

通常Gmailを使っていると、kddi-web@gmail.comのように、@以降のドメイン名が「gmail.com」となってしまいます。
このドメイン名を会社で使用しているドメイン名にすることができます。言い換えますと普段使っているドメイン名でGmailを利用することができます。
GmailやGoogleカレンダーを使いたくても会社のメールアドレスがgmail.comだと使えないと思っていた方には良い機能だと思います。

弊社のサーバーをご契約中のお客様は、弊社のメールサーバーを使い、WEBメールのインターフェースをGmailにすることができます。Gmailは直感的に操作することが出来るので多くの方に利用いただいています。ライセンス料について以下にまとめましたので、ご参考ください。

Google Apps単独契約

弊社のサーバーを契約しなくてもGoogle社との単独契約をすることもできますが、100名の社員全てがGoogle Appsを利用すると、1ユーザー6,000円/年ですので、年間600,000円/年のコストがかかります。

ACE01契約 + Google Apps契約

弊社サーバー契約をしGoogle Appsを利用すると、Google Appsを使うユーザーのみをAppsに設定することが出来ます。
例えばGmailを必要とするのは社員100名中、外回りをする営業(20名)と、管理職(10名)だけとします。

社員100名:弊社メールサーバー代 47,880円/年(WEBサーバー機能やグループウェアなども付属されます)
一般社員70名:Pop受信(これまで通りOutlookやBeckyでメール受信)
営業20名:Gmail Apps 126,000円/年
管理職10名:Gmail Apps 63,000円/年

合計:236,880円/年

Google Appsの設定はCPIが行いますので導入も簡単です。WEBメールで何かお探しの方は是非一度お問い合わせください。

関連タグ: 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。