テレワークについてカルビー社など取材しました

2017年6月20日に「テレワーク砂漠」という、テレワークの良さを伝えるためのコンテンツを公開しました。

「テレワーク砂漠」は、2047年に架空の人物「翔太郎(しょうたろう)」が、2017年にテレワークを導入している企業に、テレワーク導入のきっかけと、効果をインタビューした内容を妻に話すという内容です。

書いたきっかけは、KDDIウェブコミュニケーションズにも導入されたテレワークの素晴らしさを皆さんに伝えたいという気持ちで、最初は書こうと考えました。

では、なぜ物語風にしたかと言いますと、それは単純に私が物語風の記事を一度は書いてみたかったという理由が全てです。
書き終えて思ったことは、普通に取材記事として出した方が、言いたいことが伝わるし良いのではないかと言うことでした。

ただ、このようなリアル取材の内容と、物語が一緒になっているような記事があまりないことと、せっかく書いたのだからリリースしてみたいという気持ちが勝ち、出すこととなりました。

 

取材させていただいた企業

 

取材させていただいた企業は「カルビー株式会社」「日本マイクロソフト株式会社」「日本ツクリダス株式会社」「KDDIウェブコミュニケーションズ」です。

弊社合わせまして4社に取材を行いました。それぞれの会社がどのような理由でテレワークを導入しているか、どのような効果があったかなどを掲載しています。

当記事を通じて、より多くの企業でテレワークが導入され、働きやすさの向上により、日本企業の生産性が向上する。このように当記事が少しでも社会のお役にたてることを願っております。

少し長い記事ですが、ぜひ読んでみてください。

 

テレワーク砂漠

 

 

 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。