CPI Fan☆トークナイト! Vol.14, 15 開催レポート!

昨年末12月11日(金)、1月28日(木)に東京と名古屋で開催した CPI Fan☆トークナイト!についてお伝えします。

前半は「世界的な動きから見るCMSとWeb制作のこれから」と題して、CPIエバンジェリストの阿部正幸に加え、H2O SPACE たにぐち まことさんと、よつばデザイン 後藤 賢司さんのお二人をお迎えして、Web制作に関する注目のツールやニュース、これからの展望について話していただきました。

まずはコンテンツ活用・マーケティングという観点から、サービス提供者と利用者の関係性が、BtoC から BtoONE へ移行しているという記事を紹介。その流れから、情報を発信するためのツールとして CMS が最近どのような変化を遂げているのか、これからどう変わっていくのかについて、CPIエバンジェリストそれぞれが注目しているツールやWEBサービスを紹介しながら進行しました。

なかでもコンポーネントという概念とマルチプラットフォームについては、重要なキーワードとして位置づけ、これからの CMS は制作者と利用者双方にとってより使いやすくなるだけでなく、他のサービスやデータと結びつくことで、よりパーソナルなコンテンツを効率良く配信できるように進化していく(している)といった内容の話でした。

後半は、クラウドホスティング事業部 本部長の西村から、昨年より取り組んできたサービス改善の報告と、今後予定されている内容についてご報告しました。

 

これまでに開催したCPI Fan☆トークナイト!の目的や、お客さまにとってより使いやすいサービスを目指して取り組んできた内容についてご報告しました。

 

2014年からのサービステーマ

 

  1. お客様のビジネスを支える
  2. 使い勝手をあげる
  3. お客様のワークスタイルの変化に応える

また、SSHのコマンド追加やgitの実装など、これまでにいただいたご意見から実現した機能などをご報告。さらに現在進行中のサービス企画内容などもあわせて進捗状況をお伝えしました。

最後のビアバストでは、東京・名古屋ともに多くの方にご参加いただき、それぞれ参加者同士の交流はもちろん、CPIスタッフも参加して、お客さまとのコミュニケーションを通じてたくさんのご意見をいただくことができました。
 


<東京会場の様子。ビアバストでは毎回活発な意見交換と交流が行われています。>


<名古屋会場の様子。ビアバストはゲストやCPIスタッフも参加してみんなで情報交換します。>


<東京会場のみなさまと集合写真。年末のお忙しい中、ご参加ありがとうございました!>


<過去最高の出席率となった名古屋会場のみなさまと集合写真。ありがとうございました!>

名古屋では地元で活動されている CMS Fun のみなさまや、会場手配含め準備からご協力いただいた株式会社うずまきデザインの野崎さま、本当にありがとうございました!

次回はVol.16。2月19日(金)東京開催!
「なぜ多くのWebサイトが常時SSL/TLS化に取り組み始めたのか?」(https://cpi-server.doorkeeper.jp/events/37564

 

『CPI Fan☆トークナイト!』について

 

CPIのユーザーさまや興味のある方を対象に、少人数限定で毎月テーマを変えて、弊社セミナールームで
「いろんなテーマでマジメに楽しくコミュニケーション」をコンセプトに、毎回ゲストをお迎えして開催しています。本文にもある通りゲストセッションの後は、当社の取り組みについてご案内しています。
セキュリティ対策や今後のリリース計画、さらにこれまでいただいたご意見について情報共有することで、現在どのように取り組んでいるか具体的にお知らせしています。
イベント後半はビアバスト形式で軽食をとりながらテーマに添ったワークショップや、CPIの好きなところ嫌いなところをチームブレストするなど、スタッフとともに交流します。ここでいただいたご意見は実現に向け、情報を整理してサービス改善に活かせるよう取り組んでいます。
最後は各種情報交換やパートナー探し、講師やCPIスタッフへの個別質問など。講師・参加者・CPIスタッフ全員で交流します。
 

 

この記事をシェアする:

Author
この記事を書いた人:阿部 正幸

KDDIウェブコミュニケーションズ
クラウドホスティング事業本部 エバンジェリスト

CPIスタッフブログ編集長。ACE01,SmartReleaseをリリース後、現職の「エバンジェリスト」として、web制作に関する様々なイベントに登場

Line@登録よろしくお願いします

Web制作に関する情報や、CPIノベルティのプレゼント、サーバーの無償提供などを定期的に発信しています。
ぜひ、登録ください。